1話ネタバレ

ガリガリ娘を拾ったら【1話ネタバレ】

 

ガリガリ娘を拾ったら【1話あらすじ】

女の子が男にハメられている

ところからはじまる第1話。

 

「もっと締めろよ!ほらっ!」

「本当に役立たずだな!」

 

チ○ポを抜き差しする

卑猥な音を出しながら、

おま○こを締めろ

怒鳴って命令しています。

 

女の子は無言で無表情

まるで人形のようです。

 

「ほら!次は後ろからだ!ケツ出せよ!」

 

男は仰向けや

四つん這いにさせようとしますが、

女の子は自分から動こうとしません。

 

「おなかすいた…」

女の子は空腹で動けません。

 

「やることやらねぇで飯が食えると思ってるのか!」

 

怒りで手を上げるこの男は

女の子の父親でした。

 

女の子を何年も閉じ込めていて、

まともに食事も与えない。

 

性的虐待までしていて、

女の子が可哀想でしかなかったです。

 

「酒が切れた…」

アルコール依存症のようで、

ビールの空き缶がたくさん転がっています。

 

「今日はまだフ○ラが残ってるからな!

上手にできたら飯食わしてやる!」

鍵を閉めずにビールを買いに行った父親。

 

女の子はドアを見つめ、

もう我慢できないと、

家を飛び出し、走って逃げたのでした。

 

▽無料試し読みはこちら

101059220_BookLiveコミック【AC】ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして※スマホ専用

 

雪が降る寒い夜。

逃げ出すのに必死だったので、

女の子の格好は薄着で裸足。

 

寒くてお腹も空いているので

しゃがみこんでしまいました。

 

そんな女の子に声をかけてくれた

サラリーマン風の男性。

 

「きみ…大丈夫?…なわけないよな

警察に連れて行こうか?」

 

心配して優しく声をかけましたが

「いやっ!いやっ!!」

 

女の子は走って逃げようとしましたが、

もうそんな力はもう残っておりません。

 

パニックになり、

どうやらそのまま気絶してしまいました。

 

目が覚めると誰かの家…。

ソファで寝ていたようです。

 

女の子が気が付くと、

「とりあえず食べなよ。毒は入ってないよ。」

 

パスタを差し出しますが

女の子は睨んできます。

 

「名前だけでも教えてよ。

僕は石川って言うんだけど…」

 

警戒している女の子に石川は名乗りました。

 

「…ナナ」

 

本名かどうかわかりませんが

少女はナナと名乗ったのでした。

 

▽無料試し読みはこちら

101059220_BookLiveコミック【AC】ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして※スマホ専用

 

石川にパスタを進められますが

「いらない。

なんで私をここに連れてきたんですか」

ナナは何かを疑っているようです。

 

石川は

食べたくないんだったら食べなくていいし、

警察に行くなら車借りてくるよと伝えます。

 

ナナは石川が

なぜ会ったばかりの他人に

ここまで親切にできるのか理解ができません。

 

ぐーっ

ナナがお腹が空いてるとわかった石川は

食べてから警察へ行こうと提案します。

 

「少しだけ食べる」

一口パスタを食べたとたん、

ナナの表情が変わり

勢いよくもぐもぐとパスタをかき込んだのです。

 

「なんていうんですか?この料理。」

パスタを食べたのは初めてみたいで、

また食べたいから覚えておく…とナナは言うのでした。

 

食べ終わるとナナの態度は変わりました。

 

「行く気ないんでしょ?警察」

「セ○クスするために私を拾ったんでしょ?」

 

ナナは道端で女を拾ったのは、

セ○クス目的だと思っているようです。

 

石川はもちろん

そんなつもりがないので

驚いてしまいます。

 

友達に車を借りて警察に連れていくと伝えても、

「友達の家でセ○クスするんですか?」

 

ナナはセ○クスするために

パスタをごちそうしてくれたと思っているみたいです。

 

「ご飯が美味しかったから

とりあえずヤラせてあげますよ」

 

男なんてヤりたいだけだからと、

石川のズボンのチャックに手をかけたのです。

 

▽無料試し読みはこちら

101059220_BookLiveコミック【AC】ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして※スマホ専用

 

「おっきぃですね…」

石川の突起したチ○ポを

慣れた手つきで触っていくナナ。

 

「うっ…!」

石川の反応を見て

さらにチ○ポを刺激していく。

 

「あなたもここが気持ちいいのですね」

意味深なことを言うナナに、

石川は他の男にもしているのか…?

と疑問をもちました。

 

しかしその瞬間、

ナナはチ○ポを咥えてきたのです。

 

ちゅぷちゅぷ、しこしこ…

手 コキに、舌の動きが加わり

「やばいって…うっ」

石川はナナの口に出さないように

イクのを耐えています。

 

「本当に出るって…!」

どぴゅっ!びゅるる…!

 

石川はナナの口に

大量の精 子を出してしまいました。

 

「…飲むのか?」

ナナは表情を変えずに飲み込むのです。

 

精 子をごっくんしたナナに驚いてると、

「あなたは噴水のように飛ばしてベトベトにしたいのですか?」

あっさりと冷静なナナでした。

 

そして

「十分濡らしたから入れてもいいですよ」

 

石川が戸惑っていると

「私の穴」

当然のように答えるのでした。

 

▽無料試し読みはこちら

101059220_BookLiveコミック【AC】ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして※スマホ専用

ガリガリ娘を拾ったら【1話感想】

父親に性的虐待を受けているなんて

本当にビックリしましたし、

かわいそうでしかなかったです。

 

無表情で無気力なナナが

見ていてつらかったです。

 

このシーンが長く続くと、

マンガ読むのつらいかもなぁと思っちゃいました。

 

だから、やっと家から脱出できたシーンでは

追いかけられないように早く逃げて!

と気持ちが高まりましたね。

 

この1歩を踏み出すのも

勇気が必要な行動だったと思います。

 

だって見つかったら

何されるかわかりませんもんね…。

 

石川が保護してくれて

ナナもやっと生きる希望

見えてきたのではないでしょうか。

 

パスタを知らない18歳がいるなんて

信じられないし、

普通に生活してたらありえないですよね。

 

これから食べるいろいろなものが

ナナにとって

初めてのものばかりになるんだと思うと、

今からでも人生を巻き返してほしいですね!

 

そして驚いたのが

やっぱりナナのセ○クステクニック

 

男の気持ちいいところ全てを知り尽くしてて、

セ○クスを知らなさそうな

見た目とのギャップに驚きます。

 

このテクニックも

父親に教え込まれていたものと考えれば複雑ですが、

これから石川のために活かしてほしいですね!

 

ナナが主導権を握り、

石川をし こしこしている姿はエロすぎました。

 

ギャップというか、

意外性はやっぱり興奮しますね。

 

石川も本当に

下心なく助けただけだから、戸惑っていました。

 

でもエッ チなことを拒否しないのは

男性の本能なのでしょうか。

 

2話では「穴」を使うことになるみたいで、

ナナの心を読めない誘い方にぞくぞくしちゃいました。

 

▽無料試し読みはこちら

101059220_BookLiveコミック【AC】ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして※スマホ専用